中学生のための英語塾でみっちり勉強しよう

英語という将来の必須能力

アルファベット

英語教育の大切さ

最近、英語塾が中学生の生徒や保護者から人気を集めています。それにはいくつかの理由があります。 1つ目として、グローバル化が進んでいるということです。グローバル化によって外国の方々と関わる機会が増えています。そこでまず問題となるのが英語力です。今の中学生が大人になり、働くころには英語が使えて当然という風潮になってもおかしくないのです。 2つ目は、英語の能力には「書く」「読む」「聞く」「話す」の能力がありますが、学校では「書く」「読む」の授業が中心となっています。現状、「聞く」や「話す」の授業は学校ではあまり触れられません。逆に、英語塾では「聞く」や「話す」を中心とした授業を行うことが多い傾向があります。英語での会話は圧倒的に「聞く」「話す」の能力が必要であり、それらを鍛えるために英語塾に通う中学生が増えています。 3つ目は、今の中学生が大学試験を受ける際、現行の「大学入試センター試験」は廃止され、新たな試験が導入されます。「大学入試センター試験」の英語の問題は学校教育で十分対応できるのですが、新たな試験は総合的な英語力を問われる問題になると予想されます。同時に、学校教育で対応しきれるのかという不安もあり、そういったことから英語塾に関心を持つ中学生や保護者が増えているのです。 ここ最近、英語塾が人気となっているのはこれらの理由からであると考えられます。中には幼児のころから英語教育を受けている方もいますが、中学生の方が今、英語学習を始めても遅くないと思います。その英語学習の1つとして英語塾を検討してみるのもいいかもしれません。